栂池山荘で「山小屋初体験」

この夏、どこに行こうかな、とお悩みの皆さん。
涼しくて、爽やかで、手頃な料金で泊まれて、子供たちにも大人気!
といえば、雲上の別天地、栂池自然園&栂池山荘。
「植物の垂直分布」「湿原の生態」などなど夏休みの宿題のネタも満載です。

取材班が知る「日本一豪華な山小屋」が栂池山荘

富士登山などを経験したことがある人は、かならず口にするのが「雑魚寝(ざこね)の山小屋」。
北アルプスでも混雑すれば「1畳に2人」なんて話を今も耳にします。

それは、山小屋が雨などの緊急避難の場であって、宿泊を断ることができないから。

そんな日本の山小屋事情にあって、栂池山荘は、個室、旅館顔負けの食事、お風呂完備とあって、下界の旅館と遜色ない設備。
とくに驚かされるのが夕食。
山小屋の夕食といえば、日本全国「カレーが定番」(とくに白馬連峰では)ですが、栂池山荘では、取材当日「馬肉のユッケ」、「旬の山菜の天ぷら」などなど、旅館の夕食でも上の部類といった感じの手作りの夕食。
(手作りカレーはランチに味わうことが可能で、これまた美味)

それでいて2階のラウンジからは白馬三山が一望に。
栂池自然園入口まで宿のサンダルで30秒!

夕方、栂池パノラマウェイの終発が出発すると、朝の始発でハイカーが登ってくるまでは、「栂池自然園ひとりじめ状態」になるのです。

栂池自然園では2017年の夏も8月31日まで、「トレジャーハンティング」を実施中。
「夏休み中もまだ空きのある日がございます。お盆明けから9月中旬(紅葉シーズンが始まるまで)はかなり狙い目です」(栂池山荘)。

栂池山荘の宿泊プランはこちら
 

表示したTwitterは、「#いちばん美しいところ 栂池&小谷取材会」(2017年7月)の時に発信した内容です。


ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!