【歩かず眺める白馬・大町絶景BEST33】第29位は大糸線鉄道撮影地

取材班が白馬村・小谷村・大町市・池田町・松川村を縦横無尽に調べた結果、取材班が選んだ【白馬・大町歩かず眺める絶景BEST33】を選定。29位は、人気の大糸線撮影スポットからのノミネートです。

大糸線撮影地・白馬村

旧国道沿いにある絶景ポイントは田に水が入ることがベストシーズン

JR最高地点を走る小海線と並んで「高原列車」代名詞にもなっているのが大糸線(松本駅〜糸魚川駅=営業キロ105.4km)です。撮影地は数ありますが、取材班が選んだのは、大糸線鉄道撮影地(信濃森上〜白馬大池間)旧国道。

白馬村を走る幹線道路は、明治時代までの塩の道・千国街道は意外に山沿いに通っています。大正時代に入り、荷車や馬車が使われるようになると川沿いの平坦地に道が移ります。その旧国道沿いにあるのが、ここで紹介する鉄道撮影ポイントです。

「ここからだと白馬連山を背後に、迫力ある電車が撮影できるんです。時季でいえば田んぼに水が入る頃。風がない場合には田んぼに移る逆さ白馬と、逆さ大糸線という絶景が生まれるんです」
(鉄道撮影地で会った常連カメラマンの話)。

201507120603

e>

そのまま旧国道を糸魚川方面に走るとすぐに姫川第二ダム。姫川に架かる通橋は大糸線の撮影ポイントのひとつ。
姫川第一橋梁を渡る大糸線の勇姿を撮影することができます(下の映像を参照)。
先ほどの撮影ポイントが白馬三山がドカーンと迫るのに対して、こちらは峡谷美が楽しめる撮影ポイントになっています。峡谷にこだまする電車の通過音にも注目です。

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!